もとのぶろぐ

水生植物公園‘みずの森’(2017年1月)-③

今年1月中旬の水生植物園の続きです

2017(0606)


2017(0607)
睡蓮の精が飛び出したように見えます

2017(0608)
「ガガブタ」

2017(0609)
花の名は「ペトレア・ウォルビリス」と書いてありました

2017(0610)
「伊吹山」だと思うんですが・・・

2017(0611)
こちらは琵琶湖の西の「比良山」

2017(0612)
1月中旬の水生植物園の様子は今回でお終いです

3月14日は
「ホワイトデー」、「マシュマロデー」、「キャンディーの日」、「数学の日」

数学の日:円周率の近似値3.14に因んで。現代文明を支えている数学の一層の発展を願って祝う日だそうです。
※日本数学検定協会(数検)が制定。




スポンサーサイト

水生植物公園‘みずの森’(2017年1月)-②

今年1月中旬の水生植物園の続きです

2017(0583)


2017(0584)


2017(0585)


2017(0586)


2017(0587)


2017(0588)


2017(0589)


2017(0590)
あと一回続きます。

今朝、カメラを持って近所を散歩しました。
まだ寒かったんですが、沈丁花が咲き出していて、
良い香りに、春を感じます。

3月11日
「東日本大震災」から6年が経ちました。
まだ、多くの方が避難生活をされていて、
TVを見てると涙腺がゆるゆるになってしまいます。
早く安定した生活に戻れることをお祈りします。

その他に「パンダ発見の日」、「コラムの日」

最後の一枚は我が家のテツです
2017(0591)
一昨日、14歳になりました。
人間でいうと72歳くらいだそうで、私を追い越して行きました。
昨年、手術をしたり、腎臓の機能が落ちて、ハラハラしましたが、
今は元気に自由気ままにしています。
これからも元気に長生きしてほしいものです。




水生植物公園‘みずの森’(2017年1月)-①

今年1月中旬の水生植物園の様子です

2017(0559)
アトリウム(温室)の中は一年中、夏です

2017(0560)
外がどんなに寒くても熱帯睡蓮が咲き誇ってます

2017(0561)
この時期は訪れる人は少なく、ほぼ貸し切り状態

2017(0562)
至福の時を過ごせます

2017(0563)


2017(0564)


2017(0565)


2017(0566)
続きます

晴れてますが、寒い一日です

3月8日は
「ミツバチの日」、「エスカレーターの日」、「国際女性の日(International Women's Day)」

語呂合わせから、「ミツバチの日」の他に
「サワークリームの日」、「さばの日」、「鯖すしの日」、「さやえんどうの日」、「みやげの日」、
「ビールサーバーの日」、「赤ちゃん&こども『カット』の日」等々、沢山有るみたいです。




水生植物公園‘みずの森’(2016年11月)-③

水生植物園の続きです

2017(0419)


2017(0420)


2017(0421)


2017(0422)


2017(0423)


2017(0424)
「アイスチューリップ」

2017(0425)
例年だと、枯蓮が湖面を覆ってる蓮の群生地ですが、昨年は姿を消してしまいました

2017(0426)
約一年前に倒された美瑛の「哲学の木」をイメージしながら

2017(0427)
水生植物園(蓮群生地)の様子は今回でお終いです。

今日は一日曇り空です

2月18日は
二十四節気の「雨水」
空から降るものが雪から雨に変わり、氷が溶けて水になる、という意味。
草木が芽生える頃で、昔から、農耕の準備を始める目安とされてきました。
春一番が吹くのもこの頃で、昨日関東地方で春一番が観測されました。

その他に「エアメールの日」、「冥王星の日」

追記)
昨日から、拍手コメントが上手くできないケースが有ります
FC2側の不具合と思いますが、今日も直っていません。
コメントができない皆さん、申し訳ありません。



水生植物公園‘みずの森’(2016年11月)-②

水生植物園の続きです

2017(0393)


2017(0394)


2017(0395)


2017(0396)


2017(0397)


2017(0398)


2017(0399)


2017(0400)


2017(0401)
あと一回続きます

今日は少し暖かくなってホッとします。

2月15日は
「春一番附けの日」、「お菓子の日」
春一番は、春本番に先だって数日間にわたって吹く南からの強い風のことで、
気象庁では「立春から春分までの間で、日本海で低気圧が発達し、
初めて南よりの強風が吹き、気温が上昇する現象」と定義している。
元々は壱岐や瀬戸内海の漁民の間で使われていた言葉が、
気象用語になってから一般的になりました。




Newest