もとのぶろぐ

ホタルに挑戦&嬉しい知らせ

6月2日、初めてホタルの撮影に挑戦しました

(6月2日)
2018(1248)
(3枚の写真を比較明合成してます)

初めて、ホタルの撮影に挑戦しました。
兎に角、何処で飛ぶか分かりません。
もう少し上の方で飛ぶことが多いんですが、
カメラで構えてる画角でなかなか飛んでくれません。
これより上を狙うと背景の明かりに負けてしまい
ホタルの光を捉える事ができません。
難しいです。
また来年挑戦します。



嬉しい知らせが届きました。
2018(1249)
今年の「大津市写真展覧会」の監査結果通知が届きました
3点応募し、三点とも入選しました。

2018(1250)
そして、その内の一点「蒼風」が幸運にも特選に選ばれ、
昨日、表彰式に出席してきました。
終了後、講演会が有り、入賞作品の講評を聞くことが出来、とっても参考になりました。
これからも頑張ろうと言う気持ちになりました。

以下応募作品です
2018(1251)
「夢見船」

2018(1252)
「時空桟橋」

2018(1253)
「蒼風」




スポンサーサイト

琵琶湖疎水船-③

琵琶湖疎水船の続きです

(5月11日)
2018(1179)
新緑を満喫
紅葉もきっと美しいと思います

2018(1180)
「山ノ谷橋」
明治37年(1904年)に日本で最初に架けられたコンクリートアーチ橋

2018(1181)
全長約124mの第二トンネルの入り口(東口)
井上 馨揮毫の扁額「仁以山悦智為水歓」
(仁者ほ動かない山によろこび、知者は流れゆく水によろこぶ)

2018(1182)


2018(1183)
全長約850mの第三トンネルの入り口(東口)
松方正義揮毫の扁額「過雨看松色」
(時雨が過ぎると、いちだんと鮮やかな松の緑をみることができる)


2018(1184)


2018(1185)
蹴上の乗下船場に到着です

2018(1186)
約一時間のクルージングのお終い
航行中は、ガイドのユーモアあふれる説明が有り、
あっという間の一時間でした。

2018(1187)
船を下りて、第三トンネルの出口(西口)を見る
三条実美揮毫の扁額「美哉山河」
(なんと美しい山河であろう)
機会が有れば紅葉の時期にもう一度乗って見たいと思いました。
琵琶湖疎水船の様子は今回でお終いです


6月16日は
「和菓子の日」
全国和菓子協会が1979(昭和54)年に制定。
848(嘉祥元)年6月16日、菓子類を神前に供え疫病退散を祈ったという
「嘉祥菓子」の故事に由来してるとの事。

その他に 「ケーブルテレビの日」、「家庭裁判所創立記念日」、語呂合わせから「麦とろの日」、「無重力の日」等




琵琶湖疎水船-②

琵琶湖疎水船の続きです

(5月11日)
2018(1147)
出口が見えてきました

2018(1148)


2018(1149)
緑が溢れてます

2018(1150)
諸羽トンネル
東海道と並行して走る湖西線を通すために、昭和45(1970)年に新設されたトンネル
元の疎水は埋め立てられて公園になってるとの事
2018(1151)


2018(1152)


2018(1153)


2018(1154)
鮮やかな朱塗りの橋「本圀寺正嫡橋」
右手の方に日蓮上人ゆかりのお寺「本圀寺」が有るそうです
続きます

6月12日は
「はやぶさの日」
宇宙航空研究開発機構の施設がある全国6市町で構成する「銀河連邦」が制定
2010年6月13日、小惑星探査機「はやぶさ」は、60億キロ、7年もの長旅の末に地球に帰還し、
世界初のサンプルリターンやイオンエンジンの長時間運行をはじめとする数々の科学的偉業を成し遂げました。

その他に 「日記の日」、「恋人の日」、「バザー記念日」等々




琵琶湖疎水船

以前、桜の記事で紹介した「琵琶湖疎水船」に乗ってきました
桜の記事   *** ⇒こちらをクリックしてください ***

(5月11日)
2018(1132)


2018(1133)


2018(1134)
船長、ガイドさんを含めて14人乗りの小さな船です

2018(1135)
大津市側に有る第一トンネル
京都まで約8.7Kmの船旅の始まりです

2018(1136)
運よく、一番前の席に乗る事ができました
※どういう基準で選ぶのか分かりませんが、予め席が決められてます※

2018(1137)
各トンネルの出入り口には「扁額」が掲げられてます
伊藤博文揮毫の「気象萬千」(様々に変化する風光はすばらしい)

2018(1138)
全長約2.4Kmのトンネル、向こうの出口の明かりが見えます

2018(1139)
真ん中あたりには滝が有ります
続きます

今日は曇りから雨の予報


6月10日は
「時の記念日」
1920年に東京天文台と生活改善同盟会が、
「時間をきちんと守り、欧米並みに生活の改善・合理化を図ろう」と制定。
滋賀県の「近江神宮」では、「漏刻祭」が行われます。
 ※漏刻祭(近江神宮HPより)
当日は王朝装束をまとった時計業界の皆様(29年はシチズン時計株式会社の役員の皆様)と 
びわ湖大津観光大使ほかの采女の皆様が、各メーカーの時計新製品を御神前にお供えして
時計の歴史の進展を奉告し、感謝の誠を捧げます。

その他に 「路面電車の日」、「ミルクキャラメルの日」、「歩行者天国の日」等




エネルギー入ります-②

又、撮りに行きました

(4月10日)
2018(0977)
以前紹介しましたが、再度撮りに行きました。
逆光写真は面白いです

これから出かけます。
皆さんの所へは後日改めてお邪魔します。




Newest